大森眼科_日帰り白内障手術
大森眼科_手術室写真

現在の白内障手術は安全性の高い手術です。

痛みも少なく短時間で終了するため "日帰り手術" を実施している施設が主流となっています。当院でも日帰り手術にて対応させていただきます。 ただし当院では安全性に配慮し、"重篤な既往症の有る方" "術後の点眼をご自身でする事が難しく、またご家族の協力を得る事が難しいと考えられる方" につきましては、お近くの入院手術施設を紹介させていただきます。  


大森眼科_目の負担を極力減らす工夫

手術とは人の体に侵襲(負担)を加える行為です。

そのため当院では手術に際し、目の負担を出来る限り減らす様に努力します。

 

専門的な話になりますが、白内障手術の手技や機械には様々な選択肢があります。その中で、機械の設定を高くして短時間で白内障を処理する『高設定(ハイバキューム・ハイフロー)』で手術する眼科医は多いです。 自分も高設定で短時間の手術を行った時期がありました。ただ、高設定手術では短時間とはいえ、術中の眼圧が50mmHg以上となる欠点があります。正常眼圧が10~20mmHgですから、通常の倍以上の圧がかかることになります。短期的な視点において、一時的な高眼圧は殆ど問題ありません。しかし、高眼圧が病状進行の危険因子である緑内障の患者さんが多い現状を踏まえると、短時間の手術を目指すより、目に負担の少ない手術を目指す方が望ましいと思います。 そのため、当院では私が所属した昭和大学東病院でも取り入れている低眼圧白内障手術を実施します。手術の難易度が高くなるわけではありませんが、機械の設定値が低くなることで、白内障の処理効率が落ちるため、手術時間は少し長くなります。勤務医時代に白内障手術をさせていただいた範囲(約3000件)でお話すると高設定時代の手術時間は平均8分程度でしたが、現在は平均13分程度です。もちろん患者さんの痛みが少なく、なるべく緊張させない、清潔で丁寧な手術を心がけることも約束します。 

大森眼科_白内障手術の際の麻酔

 "痛み"を感じないよう、『点眼による麻酔』と『先端の尖っていない針を使用してのテノン嚢下麻酔』にて行います。 

大森眼科_縫わない手術

手術に際し、黒目を2.75mm幅で切開しトンネルを作ります。このトンネルが自己閉鎖してくれる事により『無縫合手術』が可能です。 人工レンズは折りたためるレンズを専用の挿入器具(インジェクター)で目の中に入れる ことができます。インジェクターは使い捨てです。

大森眼科_眼内レンズ

当院では、発売後一定期間を経て良好な評価を得た『単焦点眼内レンズ』のみ使用します。また『乱視矯正が可能な単焦点眼内レンズ』も使用可能です。ただし、自由診療(保険適応外)となる多焦点眼内レンズは現状採用していません。多焦点眼内レンズは患者さんを適切に選択し、適切に使用すれば大変満足度が高いものです。しかし現状では、単焦点眼内レンズと比較すると改善の余地(術後のグレア、ハローなど)を残す部分もあるため、適切に使用できる患者さんの職業やライフスタイルを慎重に選ばざるえない難点があります。今後、そのあたりが解消されれば、当院でも採用してゆきたいと思います。

大森眼科_白内障手術後の生活について

手術後の生活に不安が生じないように、点眼方法や注意事項を記載したプリントをお渡しします。ご希望の方は受付か医師までお申し付けください。 

大森眼科_白内障手術の費用について

健康保険の対象となっております。

[ 70歳未満 ]

負担割合 : 自己負担額(片目)

3割負担 : 50,000円程度

[ 70歳以上 ]

負担割合 : 自己負担額(片目)

1割負担 : 14,000円程度

2割負担 : 14,000円程度

3割負担 : 50,000円程度


大森眼科_白内障手術の術前・術後について

白内障手術は『濁った水晶体を取り除き、新たに人工の水晶体(眼内レンズ)を入れる手術』です。

1. 眼底検査

目薬を使って瞳孔を開き、水晶体の濁り具合や白内障以外の病気の有無を診察します。診察の結果、手術が必要であれば後日、さらに詳しい検査(術前検査)を行います。

2. 術前検査 ( 完全予約制 )

『眼軸長測定検査』『角膜内皮細胞検査』『血液検査』などを行ったのち、医師より手術の詳細な説明をします。眼内レンズの度数を決定する相談や、手術の同意書の記入もありますので、是非ご家族も来院をお願いします。 

3. 手術当日

手術開始2時間前に来院していただき、手術まで診察や点眼を行い準備します。手術時間は13分程度ですが、院内での移動、お着替え、消毒等を含めると約30分程かかります。術後は翌日まで眼帯を装着していただくため、帰宅時はご家族の付き添いをお願いします。

4. 手術後

"手術翌日" 及び "翌々日" に来院をお願いしております。これは万が一の術後眼内炎に素早く対応させていただくためです。その後は、 "術後1週間目" "術後2週間目" "術後1ヶ月目" "術後 2ヶ月目" "術後3ヶ月目" "術後6ヶ月目" となります。ご紹介頂いた方は通院の利便性を考え、ご紹介医での定期検査をお勧め致します。ご紹介でない方でも、利便性の良い眼科クリニックがご近所にあり、ご希望があれば紹介状を書かせていただきます。

※ 術後すぐに "仕事" "車の運転" "スポーツ" の再開を予定される場合は事前にご相談下さい。